株式会社ケイズ 株式会社ケイズ−トップページへ戻る− 社名の由来
コンサルティング

利益を確実に確保する経営管理の仕組み構築

利益を確実に確保する経営管理の仕組み構築
  • 経営管理会計制度設計
  • 販売基準作成
  • 経理基準作成
  • 決算精度診断
  • 原価管理改善
  • 財務分析


コンサルティング事例

小売業D社様

荒利での管理が一般的な小売業において、D社様に対しては、人件費、経費を含めた店舗別部門別の営業利益の管理体制を作りました。まずは、人件費、経費の管理を店長が行えるようにし、年間の予測まで出来る計画の仕組みを作成しました。さらに、売上と客数の変動によって人件費の稼動計画を見直し、全社で15名の削減を支援しました。責任者別の標準的な業務マニュアルと運用フローを作成し、現場が具体的に動けるための仕組みも作り上げています。

卸売業E社様

これまでのE社様での予算管理は、各営業担当者の月別総額予算が設定されてるだけでした。営業力アップを目標に、今回ケイズからは以下の2点をご提案し、予算管理をご支援しました。
|甘者別の得意先のランク付けと予算設定
 得意先を重点得意先とその他得意先に分け、重点得意先については個別に月別予 算の設定を行う。
営業担当者とマネージャーでの進捗確認
 毎月定期的に予算の進捗状況についての確認と対策の検討を行う。

製造業F社様

F社様では、受注、売上、入金などの日程が営業担当者任せのあいまいな管理で、経理、生産現場などが、それに振り回されるということが問題となっていました。ケイズは、ヒアリング調査で問題点を洗い出し、販売基準を作成し、組織的に管理できる仕組みを構築しました。