株式会社ケイズ 株式会社ケイズ−トップページへ戻る− 社名の由来
コンサルティング

経営手法の研究開発

コンサルティング風景

次の時代も継続・成長し続けるために
 コンサルティング

中小企業といえども、経験主義・馴れ合い型の経営手法から脱却し、合理的な経営体質に変革することが求められる時代となりました。
それを実現するために、ケイズは、科学的な改善を追及し、お客様とともに考えながら、業種・業態に応じた新しい経営手法・業務手法の研究開発に取り組んでいます。

(例)食品スーパーの原価ロス削減手法の開発

お客様の悩み

地域密着型の食品スーパーでは、近年、弁当など惣菜の売上が増え、収益の柱になっています。 しかし、作りすぎた日は売れ残って、数%の廃棄ロスが出ます。だからといって作る量を減らすと、夕方には売り切れ、せっかくの売上チャンスをロスします。こうして、毎日積み重なる廃棄ロスと売上チャンスロスが悩みの種でした。

グラフ

研究開発

お客さま社内の経験則(ベテラン店長の知恵)をケイズが調査して、標準化できる規則性を整理し、統計分析で裏付けを取りました。

悩みの解決

合理的な業務ルールと、それを実現する道具としての独自のシステム開発しました。そして、改善を実現する「人」の育成もご提案しましました。

  • 惣菜製造の新業務ルール策定 
  • 売上予測システム開発
  • 売場リーダー教育