株式会社ケイズ 株式会社ケイズ−トップページへ戻る− 社名の由来
ドキュメントインテグレーション

ドキュメントインテグレーション

ドキュメントインテグレーション

個人情報保護法・e文書法の施行にともない再度注目され始めた紙の電子化。セキュリティー対策、内部統制の確保という観点から、企業内の情報を一元管理することの重要性が高まっています。情報の一元管理には紙の電子化が必須と思われます。

現在、セキュリティー対策として電子データについては、情報漏えいや不正な改ざんを抑止する取り組みがなされています。また、新会社法・金融商品取引法(J-SOX法)などの影響から内部統制とういう言葉に注目が集まっています。内部統制がとれている状態を第三者に証明するためには、企業内の情報が記録として残され、正しく管理されていることが重要となります。

紙の書類は物理的な対策以外には対策が取りづらい上、電子データと二重で管理していくのは困難、かつ非効率です。企業内の情報の大半が電子データで作成されている現在、情報を一元管理するためにも紙の電子化は欠かすことができません。
また、企業内の情報を電子化することで情報の共有化が可能となり、その情報から新たな情報や知識を生み出す。所謂、ナレッジマネジメントも可能となってくると考えられます。