株式会社ケイズ 株式会社ケイズ−トップページへ戻る− 社名の由来
コンサルティング

科学的な分析の裏付けを持つマーケティング活動

マップ
  • 営業予算制度設計
  • 客層分析
  • 商品管理分析
  • POSデータ活用
  • 新規出店予測
  • 商圏調査
  • 受注機会ロス分析
  • 販売マニュアル作成


コンサルティング事例

小売業A社様

ショッピングセンターA社様にて、会員カードの顧客情報とGIS(地理情報システム)とを活用して、客層分析を実施しました。全国クラスの大型店と対抗するためには独自のエリア戦略・顧客戦略が必要です。A社様の戦略の実現に向けて、年齢層・地域別・商品別にマーケットシェアの実態を把握し、対策が必要な地域・客層を明らかにしました。A社様では、この現状調査をもとに地域を絞り込んだ顧客訪問を実施され、販促費を効率的に投資しながら収益も伸ばしておられます。

旅館業B社様

旅館業界では、利用者が団体客から個人客へと移っています。個人客の心をつかむためには、今まで通りの心づくしの「おもてなし」が大切なのはもちろん、富裕層・ファミリー・外国人旅行者・地元客など客層に合わせて、好みに応じた提供プランや販促・案内方法を選ぶ、きめ細やかな対応が求められています。そこに科学的のメスを入れ、例えば顧客分析結果をもとにしてDM販促のレスポンス率を向上するなど、販促改善の成果を挙げています。

卸売業C社様

C社様では、得意先が全国に散らばっているために、各営業担当者は、移動効率が良く漏れのない営業活動をすることが必要でした。C社様の営業活動で重要なことは、『いつも売れる商品が売れていなかったら、すぐに顧客に確認する』ことです。そこで、過去の販売データをもとにして受注タイミングが遅れている商品を探し出すスキームを開発し、システム化しました。システム開発にあわせて各営業担当者の予算管理制度と営業会議運営方法を見直し、人心を一新して営業活動のレベルアップを実現しました。